自動車ローン

更新日:2018/08/18

カーローン商品について


免許を取ったら、社会人生活が始まったら、家族が増えたら等、車を乗り始めるきっかけは人それぞれです。その時のタイミングに合わせて決めますが、車は高額商品となるためある程度の資金が必要になります。計画的に貯金している場合を除き、学生や働き始めの新社会人、子育てに忙しい場合は、金銭的に余裕が無いです。それらの人をサポートするためのローン商品を紹介します。それはカーローンです。カーローンは、車購入資金のみに利用できるローン商品です。学生や新社会人でも借りる事ができます。

カーローン融資を受けるには、審査に通過する必要があります。必要事項を記入し、書類を提出して審査結果を待ちます。審査に通過すれば、希望の車を購入する事ができます。審査書類には、希望の車種や価格を記入する箇所があります。審査に通過するとすぐに融資を受ける事ができます。融資可能となれば、契約もすぐに結べます。返済は翌月から開始されます。毎月コツコツと返していきますが、無理の無い金額に設定されているため、滞りの無いように返済を行います。カーローンは自動車のある生活を応援するローンサービスです。自動車を持つ事で、豊かな生活を実現する事ができます。



過払い請求でお金を取り戻そう


過払い請求とは、利息の取り決めをしている利息制限法と出資法という2つの法律の矛盾点をついて、今ある借金をゼロにするのに加え、本来であれば金融業者に対して払わなくてよかったお金を返してもらう方法です。 借金に困っている人にとっては心強い味方といえます。過払い金の請求の手順としては、まず今までの金融業者との取引履歴を書面にて請求し、開示された取引履歴を利息制限法に基づいて引き直し計算をします。

その結果、算出された過払い金の返還を請求します。 過払い金の返還額や返還時期について交渉がまとまればその場で和解し、交渉がまとまらなければ裁判所に過払い金返還請求の訴訟を起こしてから和解に導きます。過払い請求は弁護士や司法書士などの法律家に依頼することもできますし、自分で行うこともできます。 請求手続きを自分でする場合は、業者との取引履歴開示請求をする際、すんなりと開示はしてくれませんし、裁判となった時も自分で法律に関する知識を身につけて進めていかなければなりません。 法律家に依頼すれば、手続きはよりスムーズに進みます。

法律家を介すると裁判外の話し合いで決着がつくことがほとんどなので、スピーディに過払い金を取り戻すことができます。 ただし、法律家に対する報酬の支払いが発生しますので、取り戻そうとしている金額とのバランスを考慮し、自身の状況に合わせて決めることが大切です。 過払い金に関する無料相談サービスを提供している弁護士事務所もあります。


審査なしのETCカードについて


ETCカードは、高速道路などの有料道路の通行料の支払いをキャッシュレスで行えるカードです。このカードには専用カードと、クレジットカードの付帯機能として付いているものの大きく2種類あります。それら2つの大きな違いとして、作成するのに審査が必要かどうかという点があります。クレジットカードの付帯機能のものの場合は、まずはクレジットカードを作ることが前提となります。

クレジットカードでは、作成する人の信頼に基づいて発行されるカードであるため、必ず審査が行われます。これに対して、ETC専用のカードでは、デポジットの支払いや身分証明書の提示のみで作成できる場合がほとんどとなっており、審査なしで作れます。そのため、主婦や無職などでクレジットカードが作れない場合に、通行料金の支払いはETCカードで行いたいという場合には、最適なカードとなっています。

専用のカードでも、審査なしで作れるというメリットのみでなく、クレジット機能に付随したものと同じように、通行料金の支払いでポイントが付与されたり、深夜や休日のETC割引を受けられるなど、ほぼ同じように使用できます。但し、専用カードではクレジット機能がないため、ショッピングの決済には使用できないため注意が必要です。但し、専門カードでも電子マネー機能が付いたものもあるなど様々あり、電子マネー機能が付いている場合には決済にも使用できるため、比較しながら選ぶことがポイントとなります。